梅雨時期も安心!洗濯物をスピーディに乾かす方法とは?

>

ちょっとしたコツで更に時短

ずらして干すのは基本

特別な事ではありませんが毎回ちょっとした事に気をつけるだけで、洗濯物が早く乾くのは嬉しいですしそんなに手間にならないので取り入れやすいです。
いくら干すスペースが狭く、洗濯物が多いからといって重ねて干すのは厳禁です。重ねると水分が蒸発しにくいだけでは無く、雑菌が発生しカビが付着しやすくなります。その為、出来るだけ衣類をズラして干すのが早めに乾かす基本ルールになります。干す間隔を出来るだけ開けると洗濯物同士がくっつかないですし、空気の通り道が出来るので乾燥しやすくなります。
どうしても洗濯物の量を減らす事が出来ない場合は、ズボンハンガーや8の字ハンガーなどの便利グッズを使うと負担無く干す事が出来ます。

素材や順番にも注目して

乾きやすい素材は軽くて密度が低く、反対に乾きにくい素材は密度があり重量のある素材です。洗濯物を干す時は乾きやすい素材、そうでない素材を交互にしていくと空気が通りやすくなります。
また乾きやすい素材から干していくと奥にある乾きにくい素材にも風や熱がしっかり通るので、順番にも気遣ってください。
他にも急ぎで乾かす場合はアイロンをかけて表面の水分を出来るだけ飛ばしてから干したり、洗濯機の脱水時間を長めに取って全体の水分を取り除いたりすると良いです。但し脱水時間を延ばすとシワや型崩れしやすくなりますので注意して下さい。これらを毎日やっていけば時間短縮になりますし、乾きにくい事によるストレスからも解放されます。