干し方一つで変わる?洗濯物を早く乾かす方法

梅雨時期も安心!洗濯物をスピーディに乾かす方法とは?

洗濯の歴史と古今

物を乾かすと言えば、その物質に含まれている水分を蒸発させて、完全に水分が無い状態にすれば良い。これは誰もが知っています。 しかし洗濯物を乾かしやすい環境はどんな状況なのでしょうか?単に太陽が出ている。気温が高い。湿度はどうでしょうか?ここでは乾かす仕組みに着目しています。...続きを読む

出来る限り早めに乾かす方法を知りたい

瞬間的に洗濯物を乾かすのは無理ですが、なんとなく干すよりも時短になる方法は存在します。 天気によっては外に干せず、部屋干しになってしまう場合もありますが、部屋干しをしても短時間で乾かせる方法があります。特に天気が崩れやすい梅雨時期には知っていて欲しい情報です。...続きを読む

ちょっとしたコツで更に時短

部屋干し・外干し問わず少しでも時間短縮をしたいのなら、洗濯物の干し方にちょっとしたコツを加えてみましょう。 また場所を変えたり、干す順番を変えたりするだけでもずいぶん違うものです。どれも今日から出来るちょっとしたコツなので、テクニックなどは必要ありません。...続きを読む

「洗濯物を乾かす」なにが必要なのか?

現代では洗濯機に衣類を入れて、洗剤や柔軟剤・漂白剤を入れてスイッチを入れれば後は機械がやってくれます。しかし洗濯機が出来る前まではどの様にして洗濯をしていたのでしょうか?
古代では洗剤もありませんので、水洗いで手や足を使って洗うのが一般的でした。奈良時代になるとサイカチのさや、ムクロジの果皮を洗剤として使っていました。これらの植物には泡立ち成分として使われているサポニンが含まれていて、そこからきぬたを使うのが主流になりました。そこから灰汁や石灰を使う様になりましたが、1543年にポルトガルから石鹸が伝わり今のスタイルに近づきました。しかし当時石鹸はとても貴重な製品だったので、洗浄力が凄い事は知られていましたが、毎日の洗濯に使う方はほとんどいませんでした。
そこから時代は流れ1859年に洗浄用に使われる安価な石鹸が輸入される様になり、庶民も気軽に石鹸を使えるようになりました。そして日本で洗濯機が開発されたのが1930年でした。それまではたらいや洗濯板を使って洗濯を行っていて、テレビ・冷蔵庫・洗濯機は三種の神器と呼ばれ裕福層の象徴とされていました。
そんな歴史深い洗濯機、洗濯の文化ですが、ちょっとしたコツでよりスピーディに衣類を乾燥させる事が出来ると知っていますか?そのコツはもちろんの事、普段取り入れるだけで生活がより便利になるアドバイスを公開しています。乾燥機やコインランドリーに頼るのは良いですが、コスパを考えるとこちらが良いかもしれません。